ご挨拶 – 倉林 正彦

1.臨床について

倉林 循環器内科では、患者さんに信頼される医療を提供することを第一目標に掲げ、以下のようなチーム医療を行っています。
 虚血性心疾患の診療では、日本心血管インターベンション治療学会指導医のもと、急性心筋梗塞や狭心症に対し、経皮的冠動脈形成術やステント移植術を積極的に行っております。重症例に対しては、大動脈バルーンパンピングやPCPS (経皮的心肺補助装置)を使用しています。また、冠動脈CTや心筋シンチグラフィ―により、非侵襲的方法で冠動脈評価を行っております。また、動脈硬化は全身疾患であることを基本的な治療姿勢として適切な治療を実施しております。また、慢性閉塞性病変や透析患者における複雑で高度な冠動脈病変や末梢動脈病変に対して、バイパス手術を選択するか、あるいはカテーテル治療を行うかの選択も循環器外科との密接な連携によって、最適な治療法を選択しています。
 不整脈診療においては、日本不整脈学会 日本心電学会認定の「不整脈専門医研修施設」として認定され、アブレーション治療、心臓ペースメーカーや植込み型除細動器(ICD)の植え込み術(最近では皮下植込み型のS-ICD)も年々、増加しています。特に、発作性心房細動、発作性上室性頻拍(WPW症候群、房室結節リエントリー性頻拍)、通常型心房粗動、特発性心室頻拍などの頻脈性不整脈では、カテーテル電極に通電して高周波エネルギーにて心筋の一部を焼灼するアブレーション治療で良好な成績を上げています。Electro-anatomicalマッピング法(CARTO system)、「SOUNDSTAR」およびCARTOとCTとの融合画像の再構成法にて、より精度の高い、安全なアブレーション治療を実施しています。また、Brugada症候群、QT延長症候群、拡張型心筋症さらには虚血によって惹起される重症心室性不整脈例や心室細動蘇生例には、診断や治療法の決定のためホルター心電図、加算平均心電図、電気生理学的検査を行い、心臓突然死予防に最も確実であるICDによる治療を行っております。さらに、患者様への説明と同意が得られる場合には、末梢血白血球にて遺伝子検査を行い、遺伝子変異を同定することにより、重症不整脈の根本的な病態生理やリスクを解明する臨床研究を展開しています。こうした不整脈疾患の遺伝子診断の実績で、当施設は国内でも有数の施設となっております。
 心不全は、虚血性疾患、不整脈疾患、心筋症、弁膜症、高血圧などあらゆる循環器疾患の基本病態ですので、診療に関しては循環器内科の総力を挙げて取り組んでおります。心不全の薬物治療、非薬物療法は日進月歩の勢いで進歩がみられています。特に、左脚ブロック型のwide QRSを呈する、低心機能の心不全患者に対する心臓再同期療法(CRT)にて心不全患者の予後向上を図っています。また、透析患者、拡張不全、右心不全の心不全管理には難渋する例が少なくないことから、治療成績改善のため、臨床研究を精力的に行っています。特に、Swan-Ganzカテーテルによる血行動態の評価、MRIによる心筋性状の評価、スペックルトラッキング法を用いた左房ストレインの評価を行っています。
 また、当施設では肺高血圧症の最先端治療を積極的に行っています。エンドセリン受容体拮抗薬、PDE5阻害薬、プロスタサイクリンの内服、そしてエポプロステノール持続静注、さらに、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)には経皮的な肺動脈形成術(BPA)を行って良好な成果を上げています。さらに、当施設では、循環器疾患患者が高頻度に合併する睡眠呼吸障害に対しても実績をもっています。ポリソムノグラフィーを用いて、循環器疾患患者の睡眠中の呼吸状態を調べたところ、実に90%以上の患者において、閉塞型あるいは中枢型の睡眠時呼吸障害を合併していることがわかりました。そこで、睡眠呼吸障害の治療として開発された持続陽圧呼吸装置を心不全患者に積極的に用いており、すでに、5年間以上にわたる臨床成績の蓄積があり、持続陽圧呼吸療法の有効性や安全性について国内外で学会発表や論文として発表しており、日本でエビデンス構築に貢献している有力な施設の1つとなっております。

2.研究について

(1)臨床研究
 明日の医学に貢献することは、大学病院のミッションの一つです。病態生理の解析、遺伝子診断や診断薬の開発、生物学製剤や分子標的薬の開発、また、再生医学の発展など 最近の進歩は枚挙にいとまがないほどです。また、トランスジェニックマウスやノックアウトマウスなど発生工学的な手法を用いた研究によって、多くの病態解明がなされてきました。また、iPS細胞を用いた創薬研究や再生医学がこれからますます発展いたします。こうした、遺伝子、分子、細胞、そして動物レベルでの生命科学研究が医学、医療の進歩をもたらしてくれることに疑いはありません。しかし、最先端の技術によっても、病態解明まで長い道のりがある疾患が少なくありません。特に、心不全、肺線維症、肺高血圧などは、多様な原因によって発症する疾患で、環境因子と遺伝的素因が複雑に影響して形成される疾患がそうです。比較的、長い年月にわたって形成されるこうした疾患は、動物モデルのものと大きく異なっています。確かに、実験モデルは病態解明の糸口を与えてくれますが、動物実験での結果を、ヒトの病態解明に応用することには大きなギャップがあることに注意する必要があります。こうした、複雑な病態を解析する手法としてDNAマイクロアレイ、あるいはトランスクリプトームなど網羅的な探索方法がありますが、ブレークスル―と言えるほどの成果はでておりません。臨床症状、検査データ、あるいは病理を詳細に解析することが、病態を解明する上で極めて重要であることを忘れてはならないと思います。
 循環器内科は、患者を診る目から、明日の医学に貢献する仕事に発展させることができる人材の養成、新たな領域を創造できる人材の養成を目指しています。

(2)基礎研究とトランスレーショナル研究
 生体の新たな仕組みを明らかにし、その発見を疾患の診断や治療に応用することは基礎医学研究の醍醐味です。循環器内科の基礎研究とトランスレーショナル研究は、心臓・血管の分子医学、生理学や生化学、あるいは、エネルギー代謝などが対象です。具体的には、致死性不整脈の分子メカニズム、動脈硬化のメカニズム、腎臓と骨と血管との間の臓器連関メカニズムなどが主な研究プロジェクトです。独創性のある生命科学研究は、臨床を発展させる原動力です。大学院では、研究マインドを持つ若い人たちの育成に取り組んでいます。

3.教育について

 大学病院の使命の一つは、教育です。人は宝であるという理念のもと、若い人の教育に重点を置いています。若い時期をどのように過ごすかが、その後の人生に大きな影響を持つことは明らかです。多くの新しいものを吸収する力は、若いときがピークです。この能力を最大限に活用させるべく、循環器内科は、医学部学生の教育や研修医の教育に傾注し、若い医師に充実した臨床修練を積んでもらう環境を提供することを絶えず心がけています。平成30年度から新たな内科専門医制度が開始されます。今後も、将来の日本や群馬の医療、大学の医療を牽引する人材育成のため、さらに教育に力を注いでいきます。

4.おわりに

 循環器内科は、臨床、研究、教育の各方面で大きな社会貢献ができる施設を目指しています。今後ともご支援、ご協力をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

Contents


ページTOPへ