初期臨床研修医

循環器内科の研修目標

内科臨床医としての基礎を形成することに重点をおいて、適切な医師患者関係の構築の仕方、診察技能、POMRに基づく診察録の書き方、検査計画・治療計画の 作成方法について習得する。俣、医療チームのメンバーとして他のスタッフ協力して患者のケアにあたれるように経験を積む。病棟では、循環器疾患を主体とした 入院患者を受け持ち、それぞれの専門医資格の持つ指導医のもとで、基本的な知識・技能の習得を行う。救命救急の基本的手技としての気道確保、人工呼吸、心マッサージ、 気管内挿管、電気的除細動なども経験する。さらに、病棟でのカンファレンス、関連学会での症例報告を積極的に行い、自己の臨床能力向上に不可欠な症例呈示と討論の能力を身につける。

研修のプログラム概要

循環器1-2か月、呼吸器1か月を選択していただきます。
経験できる疾患は
循環器:心不全、虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、動脈疾患、肺血栓塞栓症、不整脈、高血圧、成人先天性心疾患
診療チーム:助手(10年目以上)、医員(5-9年目)、研修医の3人のチームです

カンファレンスの予定

教室会では、研修医セミナー、妙読会、症例検討を行っています。
・心臓カンファレンス(木曜日)
・心カテカンファレンス(月・水・金)
・教授回診(水曜日)
・症例検討会・研修医セミナー(水曜日)
・学会予演会(1回/月、水曜日)
・抄読会(2-3回/月)
・外科との合同カンファレンス(1回/月)
主治医チーム別のカンファレンスは毎日適宜行い、治療方針を決定します

群馬大学付属病院での研修週間スケジュール

 

   

 

 

   

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

   

   

   

   

   

 

 

循環器内科
午前     教室会    
病棟業務 病棟業務 (抄読会・症例検討会) 病棟業務 病棟業務
心臓カテーテル検査 電気生理学的検査 教授回診 心エコー 経食道エコー
    心臓カテーテル検査   心臓カテーテル検査
        心肺運動負荷検査
午後     病棟業務    
病棟業務 病棟業務 心臓カテーテル検査 病棟業務 病棟業務
心臓カテーテル検査   ペースメーカー植え込み   心臓カテーテル検査
    ICD/CRT植え込み   電気生理学的検査
チームカンファレンス チームカンファレンス チームカンファレンス 循環器カンファレンス チームカンファレンス
血管造影カンファレンス   血管造影カンファレンス   血管造影カンファレンス
    循環器合同カンファレンス    
    (内科・外科)*月1回    

群馬大学での臨床研修の詳細については臨床研修センターのWebサイトをご参照ください。
http://c-center.dept.showa.gunma-u.ac.jp/

Contents


ページTOPへ