循環器内科・研修内容

はじめに

循環器内科における研修の特徴

・「患者中心の医療」の理念のもと、良好な患者-医師関係の構築やチーム医療の実践が行えるよう高度な専門教育・指導する。
・内科全般にわたる疾患の診断能力を身につけと共に、救急疾患に対して迅速な対応がとれるように指導する。
・内科専門医の取得指導、および循環器専門医の取得指導を行う。

循環器内科研修の目標

・心筋梗塞・狭心症・心不全・不整脈疾患を中心として多彩な循環器疾患を多数例経験することによって、循環器内科医としての研鑽を積む。
・循環器疾患で入院してくる患者は、糖尿病・腎疾患・肝機能障害などの様々な問題を抱えており、内科全般総合的な診療の習得を目指す。
・症例報告や学会発表を積極的に行うよう指導し、洞察力、文献検索技術および発表技術を習得する。

到達目標 (診断)

循環器内科2心疾患の身体所見特に心臓の聴診
標準12誘導心電図の施行・読影
トレッドミル運動負荷/CPXの施行・読影
経胸壁心エコーの施行・読影
経食道心エコーの介助・読影
負荷心筋シンチグラムの読影
右心カテーテル検査の施行・血行動態の解釈
左心カテーテル検査の介助・施行・血行動態の解釈
電気生理検査の介助・解釈

36-1

到達目標(治療)

循環器疾患に対する薬剤投与方法 (特に緊急時の静脈内投与法)
中心静脈カテーテル留置のため大腿・内頸・鎖骨下静脈穿刺
心肺蘇生術(ACLS)
緊急一時的ペーシングの管理と実施
電気的除細動
心嚢穿刺
大動脈内バルーンパンピングの管理
冠インターベンション適応の決定
心臓外科手術の適応の決定
植え込み型ペースメ‐カ‐の適応の決定・管理・植え込み介助
不整脈アブレーション適応の決定

スケジュール

 助教(卒後10年目以上)、医員(卒後5-6年目)とシニアレジデントの3人のチームで診療にあたる。タームによっては、研修医1名が診療にあたる。現在、循環器は5チームである。 
 1年を通して、循環器の各種検査を広く身につけて頂きます。



心臓カテーテル

心臓カーテル

EPS
心エコー
運動負荷
 

教室会
教授回診
心臓カテーテル

心エコー
核医学

心エコー
運動負荷

心臓カテーテル
CPX

EPS
心臓カテーテル

教室会では、抄読会・症例検討会などを行っています。

36-3

10-1

サブスペシャリティコース

サブスペシャリティを決めて、キャリアを積んでいくコースです。下記のコースに分かれ、総合的に循環器診療を行いつつ、専門分野の研鑽を積んでいきます。

①冠動脈疾患・末梢血管コース コース担当者:船田竜一

本コースは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈疾患、心筋症や弁膜症などによる心不全、高血圧症、肺動脈や末梢血管疾患など循環器疾患全般を対象にして、診断法、治療法を修得し、最先端の専門診療および臨床研究を実施し、将来、この領域においてリーダーとなりうる人材を育成することを目的としています。特に、冠動脈疾患に対して血行再建術の技術を修得します。このコースの初年度は原則として大学病院で研修し、2年次、3年次には大学病院または関連施設である研修病院で研修します。当院は心血管インターベンション学会の認定研修施設であり、心血管インターベンション認定医・専門医を目指します。また連携大学病院での短期研修を選択することもできる。
本コース履修中、またはコース修了後には大学院にて心不全や血管疾患の新たな治療法を開発する研究や虚血性心疾患と心不全の臨床研究を行い、医学博士の取得に向けたコースの選択が可能です。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心血管インターベンション治療学会
資格名 認定内科医、総合内科専門医、
日本循環器学会認定循環器専門医(循環器専門医)
心血管インターベンション認定医・専門医
資格要件 認定内科医:臨床研修2年を修了し、内科学会が認定した教育病院での内科研修1年以上
総合内科専門医:認定内科医資格取得後、教育病院での内科研修1年以上+教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
循環器専門医:内科認定医の資格を持ち、3年以上の臨床研修歴を有すること
学会の連携等の概要
本病院は日本内科学会、日本循環器学会の認定施設である。本コース履修者は上記学会の他、日本心臓病学会、日本心電学会に所属し、それぞれの学会の学術集会に参加することはもちろん、自ら臨床研究や症例報告の発表を行う。
また、学術誌に投稿し、研究マインドを育成する。

②不整脈コース コース担当者:金古善明

本コースは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈疾患、心筋症や弁膜症などによる心不全、高血圧症、肺動脈や末梢血管疾患など循環器疾患全般を対象にして、診断法、治療法を修得し、最先端の専門診療および臨床研究を実施し、将来この領域においてリーダーとなりうる人材を育成することを目的としています。特に、不整脈疾患に対して、電気生理学検査・アブレーション技術を修得します。このコースの初年度は原則として大学病院で研修し、2年次、3年次には大学病院または関連施設である研修病院で研修します。2012年度より不整脈専門医制度が始まり、当院は研修施設に認定されており、不整脈専門医の取得を目指します。
本コース履修中、またはコース修了後には大学院にて心不全や血管疾患の新たな治療法を開発する研究や虚血性心疾患と心不全の臨床研究を行い、医学博士の取得に向けたコースの選択が可能です。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本不整脈学会、日本心電学会
資格名 認定内科医、総合内科専門医、
日本循環器学会認定循環器専門医(循環器専門医)
不整脈専門医
資格要件 認定内科医:臨床研修2年を修了し、内科学会が認定した教育病院での内科研修1年以上
総合内科専門医:認定内科医資格取得後、教育病院での内科研修1年以上+教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
循環器専門医:内科認定医の資格を持ち、3年以上の臨床研修歴を有すること
学会の連携等の概要
本病院は日本内科学会、日本循環器学会の認定施設である。本コース履修者は上記学会の他、日本心臓病学会、日本心電学会に所属し、それぞれの学会の学術集会に参加することはもちろん、自ら臨床研究や症例報告の発表を行う。
また、学術誌に投稿し、研究マインドを育成する。

③心不全コース コース担当者:高間典明

本コースは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈疾患、心筋症や弁膜症などによる心不全、高血圧症、肺動脈や末梢血管疾患など循環器疾患全般を対象にして、診断法、治療法を修得し、最先端の専門診療および臨床研究を実施し、将来この領域においてリーダーとなりうる人材を育成することを目的としています。特に、冠動脈疾患や不整脈疾患に対してそれぞれ血行再建術、電気生理学検査・アブレーション技術を修得します。このコースの初年度は原則として大学病院で研修し、2年次、3年次には大学病院または関連施設である研修病院で研修します。日本内科学会認定医および日本循環器学会専門医の資格を取得することも目指しています。心臓再同期療法、心臓リハビリテーション、陽圧換気療法、エコーやMRIによる画像診断など最先端の診断・治療法を総合的に学びます。
本コース履修中、またはコース修了後には大学院にて心不全や血管疾患の新たな治療法を開発する研究や虚血性心疾患と心不全の臨床研究を行い医学博士の学位取得に向けたコースの選択が可能です。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心不全学会
資格名 認定内科医、総合内科専門医、
日本循環器学会認定循環器専門医(循環器専門医)
資格要件 認定内科医:臨床研修2年を修了し、内科学会が認定した教育病院での内科研修1年以上
総合内科専門医:認定内科医資格取得後、教育病院での内科研修1年以上+教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
循環器専門医:内科認定医の資格を持ち、3年以上の臨床研修歴を有すること
学会の連携等の概要
本病院は日本内科学会、日本循環器学会の認定施設である。本コース履修者は上記学会の他、日本心臓病学会、日本心電学会に所属し、それぞれの学会の学術集会に参加することはもちろん、自ら臨床研究や症例報告の発表を行う。
また、学術誌に投稿し、研究マインドを育成する。

④画像診断コース コース担当者:笠間周

本コースは、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、不整脈疾患、心筋症や弁膜症などによる心不全、高血圧症、肺動脈や末梢血管疾患など循環器疾患全般を対象にして、診断法、治療法を修得し、最先端の専門診療および臨床研究を実施し、将来この領域においてリーダーとなりうる人材を育成することを目的としています。特に、心エコー図検査もしくは心臓核医学、心臓MRI、心臓CTの撮像技術の体得および専門的な知識と読影の習熟を目的とします。このコースの初年度は原則として大学病院で研修し、2年次、3年次には大学病院または関連施設である研修病院で研修します。日本内科学会認定医および日本循環器学会専門医の資格を取得することも目指しています。連携大学病院での短期研修を選択することもできます。
本コース履修中、またはコース修了後には大学院にて心不全や血管疾患の新たな治療法を開発する研究や虚血性心疾患と心不全の臨床研究を行い、医学博士の学位取得に向けたコースの選択が可能です。

専門医の取得等

学会等名 日本内科学会、日本循環器学会、日本心臓病学会、日本心エコー図学会、日本心臓核医学会、日本超音波医学会、日本核医学会
資格名 認定内科医、総合内科専門医、
日本循環器学会認定循環器専門医(循環器専門医)、
超音波専門医、日本核医学会専門医
資格要件 認定内科医:臨床研修2年を修了し、内科学会が認定した教育病院での内科研修1年以上
総合内科専門医:認定内科医資格取得後、教育病院での内科研修1年以上+教育関連病院での内科研修2年以上=計3年以上
循環器専門医、高血圧専門医:内科認定医の資格を持ち、3年以上の臨床研修歴を有すること
学会の連携等の概要
本病院は日本内科学会、日本循環器学会、高血圧学会の認定施設である。本コース履修者は上記学会の他、日本心臓病学会、日本心電学会に所属し、それぞれの学会の学術集会に参加することはもちろん、自ら臨床研究や症例報告の発表を行う。また、学術誌に投稿し、研究マインドを育成する。

Contents


ページTOPへ