心エコー部門

1.部門の紹介

12-1 心エコー図法の有用性は心筋壁運動の評価、血行動態の把握、心不全の病態理解、弁膜症の成因や重症度の評価、先天性心疾患の評価など多岐に渡り、しかもこれらを非侵襲的に評価することができます。そのため循環器系疾患を抱えるほぼ全ての患者さんに施行されており、その病態把握、重症度評価、治療方針の決定に必須の検査となっています。
その心エコー図法を専門にする心エコー部門は当院では若手中心の少人数部門です。数人の医師が心エコー図法の勉強をするために国内留学し、その経験を活かして群馬大学で心エコーチームを立ち上げました。主な業務は大学病院における経胸壁・経食道心エコー図検査の施行・読影ですが、院内・院外を含めた若手循環器医師や生理超音波技師への指導、また負荷心エコー図検査も行っています。これに加えて関連病院へ出向し、関連病院における生理超音波技師への指導・負荷エコーの実施などもしています。
心エコーという分野の特性上、虚血部門、不整脈部門など、他領域の循環器部門や他科とも連携することも多く、また循環器内科の中でも、特に心臓血管外科の先生方とも密接に関わります。

2.所属メンバー(関連病院も含む)2017年4月現在

根岸一明(Tasmania大学 Menzies研究所)、舘野利絵子(済生会前橋病院)、福田延昭(国立病院機構 高崎総合医療センター)、黒沢幸嗣(群馬大学医学部附属病院)、小野洋平(公立藤岡総合病院)、中島正博(伊勢崎市民病院)、加藤寿光(公立富岡総合病院)、小保方優(Mayo clinic)、北條義明(館林厚生病院)、岩瀬晴香(飯田橋画像クリニック)、反町秀美(群馬大学大学院医学系研究科 循環器内科学大学院生)、吉田くに子(群馬大学医学部附属病院)、原田智成(群馬大学医学部附属病院)

3.やっている医療の紹介

心エコー図法の基本である経胸壁心エコー図検査は虚血性心疾患、弁膜症、心不全、心筋症、先天性心疾患、心筋・心膜炎など多くの疾患に適応があり非常に有用です。心エコー図法の手技を向上させ、結果に対する理解を深めることで、これらの疾患の病態把握、重症度評価、治療方針の決定に役立ちます。
経胸壁心エコー図検査で観察が不十分な場合や、より詳細な評価が必要な時、例えば左房内血栓の評価や、詳細な弁膜症の評価が必要な場合には経食道心エコー図検査が行われます。この検査により不整脈に対して電気的除細動やアブレーション治療が安全に施行できるかどうか、弁膜症や先天性疾患の手術適応・外科的治療をする場合の術式の決定に役立ちます。
また薬物や運動による負荷心エコー図検査も当院では行っています。薬物負荷心エコー図検査には主に虚血性心疾患における虚血評価、Viability評価に使われるドブタミン負荷エコー、冠血流を描出し予備能を推測し、また冠動脈狭窄の評価をするATP負荷エコー、閉塞性肥大型心筋症の薬効評価のシベノール負荷エコーなどを行っています。
虚血性心疾患の評価に用いられる運動負荷心エコー図検査を以前はレッドミルを用いて行っていましたが、最近は高齢者にも安全に負荷がかけられるように、弁膜症・心筋症評価にも使えるように臥位エルゴメーターで負荷をかけながらエコーを行っています。
近年低心機能の患者さんで問題になっているDyssynchronyの評価や、そのような患者さんに心臓再同期療法を施行した後の設定調整なども施行しています。
また虚血部門と協力して、閉塞性肥大型心筋症に対する経皮的心室中隔焼灼術などの術中エコーも施行しています。

4.診療実績

2016年では経胸壁心エコー図検査:4993件、経食道心エコー図検査:124件、運動薬物などその他の負荷心エコー図検査:13件

5.主催している研究会

赤城心エコー研究会(幹事:福田延昭)
東京心エコー研究会(幹事:福田延昭)
心筋会(幹事:福田延昭)
「群馬肺高血圧画像研究会 世話人:黒沢幸嗣」
「群馬成人先天性心疾患研究会 世話人:福田延昭、黒沢幸嗣」

6.論文・学会発表実績

毎年各学術集会で発表を積極的に行っておりますが、2016年度においては、国内では日本心エコー図学会・日本超音波医学会・日本臨床検査医学会・日本循環器学会の各学術集会、海外ではASE: American Society of Echocardiographyの年次集会で発表を行いました。また医師の発表に加え、エコー室で一緒に仕事をしている臨床検査技師さんにも積極的に学会で発表してもらい、医師が共同演者として加わっています。昨年度は臨床検査技師主任の岡田技師がThe 32th World Congress of Biomedical Laboratory Scienceの国際学会で発表を行いました。
最近は左房のストレインや左心耳血流と脳梗塞の関係、透析患者における透析間隔の違いによる心機能の変化について、また循環器疾患の危険因子における性差の評価などに興味を持ち臨床研究を行い、各学術集会で報告しています。報告した結果を論文として発表もしており、多施設共同研究なども行っています。吉田くに子先生が執筆した論文がCirc Cardiovasc Img.にacceptされ、今年度博士号取得予定です。

≪最近の学会発表≫
・Gender difference in the association between left ventricular relaxation and afterload.(Sorimachi H, 2016 ASE annual meeting, Seattle)
・Female patients do not necessarily prefer female sonographers for echocardiography. (Kurosawa K, 2016, 日本超音波医学会学術集会, 京都)
・Changes in gender preference of female patients for repeated transthoracic echocardiography. (Okada K, Kurosawa K, et al. 2016, The 32th World Congress of Biomedical Laboratory Science, Kobe)
・Sex Difference in Relationships between Left Ventricular Diastolic Dysfunction and Afterload. (Sorimachi H, 2017 日本循環器学会学術集会, 金沢)

≪主要論文≫
・Incremental Prognostic Value of Ventricular-Arterial Coupling over Ejection Fraction in Patients with Maintenance Hemodialysis.
Obokata M, Kurosawa K, Ishida H, Ito K, Ogawa T, Ando Y, Kurabayashi M, Negishi K. J Am Soc Echocardiogr. 2017; in press
・Early increase in serum fatty acid binding protein 4 levels in patients with acute myocardial infarction.
Obokata M, Iso T, Ohyama Y, Sunaga H, Kawaguchi T, Matsui H, Iizuka T, Fukuda N, Takamatsu H, Koitabashi N, Funada R, Takama N, Kasama S, Kaneko Y, Yokoyama T, Murakami M, Kurabayashi M. Eur Heart J Acute Cardiovasc Care. 2017; in press
・Role of Diastolic Stress Testing in the Evaluation for Heart Failure With Preserved Ejection Fraction A Simultaneous Invasive-Echocardiographic Study.
Obokata M, Kane GC, Reddy YNV, Olson TP, Melenovsky V, Borlaug BA. Circulation 2017; 135: 825-838
・左房ストレインはCHA2DS2-VASc scoreやBNPに独立しかつ付加的に塞栓症のハイリスク所見を予測しうる.
黒沢幸嗣、根岸一明、小保方優、反町秀美、吉田くに子、倉林正彦、村上正巳. 臨床病理 2017; 65: 138-46
・Effect of Sex Differences on the Association Between Stroke Risk and Left Atrial Anatomy or Mechanics in Patients With Atrial Fibrillation.
Yoshida K, Obokata M, Kurosawa K, Sorimachi H, Kurabayashi M, Negishi K. Circ Cardiovasc Imaging. 2016; 9: e004999
・Ventricular-Arterial Coupling and Exercise-Induced Pulmonary Hypertension During Low-Level Exercise in Heart Failure With Preserved or Reduced Ejection Fraction Fibrillation.
Obokata M, Nagata Y, Kado Y, Kurabayashi M, Otsuji Y, Takeuchi M. J Card Fail. 2016; S1071-9164(16): 31161-7.
・Right ventricular dysfunction and pulmonary hypertension in heart failure with preserved  ejection fraction.
Obokata M, Borlaug BA. Eur J Heart Fail. 2016; 18: 1488-90.
・Relation Between Echocardiogram-based Cardiac Parameters and Outcome in Heart Failure with  Preserved and Reduced Ejection Fraction.
Obokata M, Takeuchi M, Negishi K, Ohte N, Izumo M, Yamashita E, Ebato M, Yuda S, Kurabayashi M, Nakatani S. Am J Cardiol. 2016; 118: 1356-62.
・Independent and Incremental Prognostic Value of Novel Cardiac Biomarkers in Chronic Hemodialysis Patients.
Obokata M, Sunaga H, Ishida H, Ito K, Ogawa T, Ando Y, Kurabayashi M, Negishi K. Am Heart J. 2016; 179: 29-41.
・Comparison of Cardiac Magnetic Resonance Feature Tracking and 2D/3D Echocardiography Speckle Tracking for Evaluation of Global Left Ventricular Strain.
Obokata M, Nagata Y, Wu VC, Kado Y, Kurabayashi M, Otsuji Y, Takeuchi M. Eur Heart J Cardiovasc Imaging. 2016; 17: 525-32
・Comparison of different interdialytic intervals among hemodialysis patients on their echocardiogram-based cardiovascular parameters.
 Obokata M, Negishi K, Marwick TH, Kurosawa K, Ishida H, Ito K, Ogawa T, Ando Y, Kurabayashi M. Am Heart J 2015; 169(4): 523-30
・Practical guidance in echocardiographic assessment of global longitudinal strain.
Negishi K, Negishi T, Kurosawa K, Hristova K, Popescu BA, Vinereanu D, Yuda S, Marwick TH. JACC Cardiovasc Imaging 2015; 8(4): 489-92.
・Prolonged Vortex Formation during the Ejection Period in the Left Ventricle with Low Ejection Fraction – A Study by Vector Flow Mapping –
Fukuda N, Itatani K, Kimura K, Ebihara A, Negishi K, Uno K, Miyaji K, Kurabayashi M, Takenaka K. J Med Ultrasonics 2014; 41: 301-310.
⇒日本超音波医学会論文賞 第10回伊東賞受賞
・Left Atrial Strain Provides Incremental Value for Embolism Risk Stratification over CHA2DS2-VASc Score and Indicates Prognostic Impact in Patients with Atrial Fibrillation.
 Obokata M, Negishi K, Kurosawa K, Tateno R, Tange S, Arai M, Amano M, Kurabayashi M. J Am Soc Echocardiogr 2014; 27: 709-16.
・Incremental Diagnostic Value of LA strain With Leg Lifts in Heart Failure With Preserved Ejection Fraction.
 Obokata M, Negishi K, Kurosawa K, Arima H, Tateno R, Ui G, Tange S, Arai M, Kurabayashi M. JACC Cardiovasc Imaging 2013; 6: 749-58.
・Multiple Papillary Fibroelastomas of the Aortic Valve Detected by Real Time Three-Dimensional Echocardiographic Images.
 Kurosawa K, Negishi K, Tateno R, Koitabashi N, Koike N, Mohara J, Takahashi T, Arai M, Nakazato Y, Arai M, Kurabayashi M. J Cardior Cases 2013; 8: e9-e12
・Post-diastolic stunning detected by velocity vector imaging is a useful marker for induced ischemia in ischemic heart disease
 Kurosawa K, Watanabe H, Aikawa M, Mihara M, Iguchi N, Asano R, Umemura J, Kurabayashi M, Sumiyoshi T. J Echocardiography 2013; 11: 50-58
・Serum Syndecan-4 is a Novel Biomarker for patients with Chronic Heart Failure
Takahashi R*, Negishi K*, Watanabe A*, Arai M, Nagamuna F, Ohyama Y, Kurabayashi M(* joint first authors). J Cardiol 2011;57(3):325-32

≪他施設共同研究≫
・Normal values of echocardiographic parameters and the association with age in healthy Japanese population – The JAMP study-.
日本人における心エコー正常値を定めた多施設共同研究。
Daimon M, Watanabe H, Abe Y, Hirata K, Hozumi T, Ishii K, Ito Hiroshi, Iwakura K, Izumi C, Matsuzaki M, Minagoe S, Abe H, Murata K, Nakatani S, Negishi K, Yoshida K, Tanabe K, Tanaka N, Tokai K, Yoshikawa J. Circ J 2008; 72: 1859-1866
・Gender differences in age-related changes in left and right ventricular geometries and functions. Echocardiography of a healthy subject group.
日本人における年齢・性別が両心室に与える解剖学的・機能的影響の評価。
Daimon M, Watanabe H, Abe Y, Hirata K, Hozumi T, Ishii K, Ito H, Iwakura K, Izumi C, Matsuzaki M, Minagoe S, Abe H, Murata K, Nakatani S, Negishi K, Yoshida K, Tanabe K, Tanaka N, Tokai K, Yoshikawa J; Japanese Normal Values for Echocardiographic Measurements Project (JAMP) Study Investigators. Circ J. 2011;75(12):2840-6.

・Normal Values of Real-Time 3-Dmensional Echocardiographic Parameters in a Healthy Japanese Population.
日本人における3次元心エコー正常値を定めた多施設共同研究。
Fukuda S, Watanabe H, Daimon M, Abe Y, Hirashiki A, Hirata K, Ito H, Iwai-Takano M, Iwakura K, Izumi C, Hidaka T, Yuasa T, Murata K, Nakatani S, Negishi K, Nishigami K, Nishikage T, Ota T, Hayashida A, Sakata K, Tanaka N, Yamada S, Yamamoto K, Yoshikawa J. Circ J. 2012;76:1177-81

  • 12-1
    当院で心エコーチームを立ち上げたスタッフです(左から根岸Dr、黒沢Dr、舘野Dr)

  • 2015年のASEで発表した黒沢Drです。

  • Figure3
    2015年の日本心エコー図学会学術集会でResearch Achievement Awardを受賞した小保方Drです。
  • Figure4
    日本超音波医学会論文賞 第10回伊東賞を受賞した福田Dr(左から2番目)です。


  • 2015年現在の心エコーチームメンバーです(左から黒沢Dr、吉田Dr、小保方Dr、反町Dr)。吉田Drは産休中、小保方Drはアメリカに留学したので、2016年現在は黒沢Dr、反町Drの2名のみです。

  • 2015年 東京ハートラボで経食・僧帽弁解析ソフトのセッションで講師をするなど学外の活動も積極的に行っています。


  • 2015年に結婚した吉田Dr(旧性 増田)です。

  • 産休に入る吉田Drの送別です。現在は子育てしながら論文執筆がんばっています。

Contents


ページTOPへ