心臓リハビリテーション部門

部門の紹介

心臓リハビリテーションとは、心疾患を抱えた患者さんが運動療法を中心とした生活療法を行い、病気の再発予防や、生命予後の改善をはかるための包括的治療です。入院患者さんの入院期間の短縮、早期の社会復帰に留まらず、外来で継続的に運動療養を行い、療養指導を受けることで、心疾患やその原因に対する自己管理能力が獲得でき2次予防に対して効果があります。

心臓リハビリテーションの対象疾患
1. 急性心筋梗塞や狭心症
2. 慢性心不全
3. 閉塞性動脈硬化症
4. 心臓大血管手術(開心術)

心肺運動負荷試験(Cardiopulmonary exercise test, CPX)
当院では心臓リハビリテーション参加前後にCPXを行い、病態の評価、運動処方(安全で効果的な運動強度の設定,指示)治療効果判定を行います。CPXの結果をふまえて患者さんの不安や疑問(「日常生活に制限が必要か」?「仕事復帰できるか?」「ゴルフはできるか? 他の趣味はどうか?」「健康によい運動の強さは?」)にお答えし療養指導に役立てます。

運動療法の実際
理学療法士や看護師が中心となり、歩行練習やエルゴメーター(自転車こぎ)をはじめとした有酸素運動や、筋力トレーニングを行います。入院中は、症状が安定し主治医の許可が得られた時点で開始、退院後も通院リハビリテーションや自宅で継続して運動を行えるようにアドバイスをしていきます。患者さん個々の症状や生活環境に応じて適切な種目や強度を決定します。

リハビリテーションチーム 担当医師:伴野,看護師・理学療法士

Contents


ページTOPへ