虚血性心疾患部門

1.部門の紹介

虚血性心疾患や下肢の動脈などの末梢血管の疾患に対して興味をもつ若いドクターを歓迎します。

研修内容
冠動脈造影検査とそれに基づく治療方針の決定を中心に研修を行う。
また、冠動脈狭窄の定量的測定法、血管内超音波の定量的解析についても研修する。実績に応じてカテーテル治療の手技について実践しながら研修を行う。
治療や検査等に立ちあう看護師は、15名のIVR専属看護師であり、昼夜問わず常駐しているため、ストレスなく専念できる他の施設にはあまりない大きなメリットがあります。

【卒後1-2年目 初期研修医】
虚血性心疾患や末梢血管疾患ついての病態について学ぶ。そして、検査や治療の準備や手順、そしてカテーテル操作法を習得する。知識を習得し、やる気のある研修医においては、実際の検査のオペレーターを行ってもらう。

【卒後3年-4年目】
虚血チームとして、専属ですべての症例について携わる。トレーニングをうけながら、最終的に自分の考えで、カテーテル検査(CAG)がすべてできるように経験を積む。さらにカテーテル治療においては、助手としてかならず治療に参加して治療の流れや治療(PCIやEVT)の道具の特性などについて学ぶ。

【卒後5年-6年目】
おおよそ200例以上のカテーテル検査(CAG)のメインオペレーターとして経験をするようになる。個々のレベルに応じて、カテーテル治療(PCIやEVT)のメインオペレーターを経験できるようになる。実際に多くの医師がこの期間にメインでのオペレーターを経験している。
当院は、群馬県でも数少ない日本心血管インターベンション学会(CVIT)の研修施設に認定されているため、経験した症例はすべてCVITの認定医、専門医の取得における個人の治療件数に登録できるため、資格の取得に有利となります。

2.所属メンバー

船田竜一、高間典明、笠間周、佐藤万基人、梅山敦、長坂崇司

  • 10-4
  • 10-3
  • 10-2
  • 10-1
  • スライド2
    zoom
  • スライド1
    zoom
  • スライド3
    zoom
  • スライド4
    zoom
  • スライド5
    zoom
  • スライド6
    zoom
  • スライド7
    zoom
  • スライド8
    zoom
  • スライド9
    zoom
  • スライド10
    zoom


学会発表

-第21回日本心血管インターベンション治療学会・学術集会 
2012.7.12-14 (新潟)-
Funada R.,Seki R.,Takama N.,Koitabashi N.,Murata M.,Katoh T.,Tamura S.,Yoshida S.,Masuda M.,Kurabayashi M.,Yajima J.,Oikawa Y.,Matsuno S.,Kanoh H.,Aizawa T.,Yamashita T.
『Removal the stucked wire from SFA CTO lesion using the over-the-wire balloon』

-AHA Scientific Sessions 2012 2012.11.3-7(Los Angeles)-
Murata M., Adachi H.,Takama N.,Sawada Y.,Masuda K.,Kurosawa K.,Funada R.,Seki R.,Kawaguchi R.,Toyama T.,Hoshizaki H.,Oshima S.,Kurabayashi M.
『 Insulin Secretion After Oral Glucose Load is Associated With Severity of Coronary Artery Disease』

– ACC Scientific Sessions 2012 2013.3.9-11(San Francisco)-
Noriaki Takama, Shuntaro Tamura, Kuniko Masuda, Makoto Murata, Kosaku Goto, Yoshiaki Ohyama, Ryuichi Funada, Norimichi Koitabashi, Masashi Arai, and Masahiko Kurabayashi
『Integrated Area Desaturation Index is Major Predictor of Fatal Cardiovascular Events in Patients with Heart Failure after Adaptive Servo Ventilation Therapy』

Yoshiaki Ohyama, et al.
『Serum Fatty Acid Binding Protein 4 is an Early Marker for Acute Myocardial Infarction』

-第77回日本循環器学会学術集会 2013.3.15-17(横浜)- (主要な発表の抜粋)
Noriaki Takama, et al.
『Is Polysomnography Essential Examination for Adaptive Servo-Ventilation Therapy in Patient with Heart Failure?』
Yoshiaki Ohyama, et al.
『 Differential Time-dependent Changes in Serum Levels of Fatty Acid Binding Protein Isoform in Patients with Acute Myocardial Infarction and Acute Heart Failure 』
Yoshiaki Ohyama, et al.
『 Circulating Fatty Acid Binding Protein 4 is an Early Marker for Acute Myocardial Infarction 』

-20th European Congress on Obesity(ECO2012)
2012.5.12-15(Lyon)-
Murata M.
『Correlation Between Diseased Vessel Number and Hyperinsulinemia in Coronary Heart Disease Patients』

-10th World Congress of Insulin Resistance Diabetes and Cardiovascular Disease(LA) 2012.11.1-
Murata M.,Adachi H.,Takama N.,Sandou Y.,Masuda K.,Hoshizaki H.,Oshima S.,Kurabayashi M.
『“Delayed Hyperinsulinemia”after oral glucose load is associated with severarity of coronary artery disease』

研究会・講演会

透析関連循環器セミナー 2012.7.24(前橋)
(1)村田 誠: 当院でカテーテル診療を行った、冠動脈疾患の症例について
(2)船田竜一: 透析医のための循環器診療

TOPIC2012 2012.7.26-28(東京)
船田竜一ほか: CTO入口部に存在した重要な側枝
群馬循環器フォーラム~心不全と高血圧治療を考える~ 2012.10.5(前橋)
高間典明: 心不全と睡眠呼吸障害~心不全治療としての陽圧換気療法~

第6回中日本ライブデモンストレーション 2012.11.23(高崎)
船田竜一: FFRの基礎と応用“FFR値だけではない臨床の考え方”

透析関連循環器セミナー 2012.11.27(前橋)
(1)高間典明: 腎臓病と睡眠呼吸障害
(2)船田竜一: 冠動脈・末梢血管の最新インターベンション治療

Real conference in Gunma
船田竜一: 冠動脈インターベンションのホットトピックス

CVIT 総会
船田竜一: Removal of stucked wire from SFA CTO lesion using the monorail-system balloon

第1回 GIC (Gunma Intervention Conference)
船田竜一: 狭心症を伴った重度ASOの一例

Gunma X-pert forum
船田竜一: 二期的に治療を行ったRCA CTOの一例

論文

船田竜一、及川裕二
Ⅵ.腸骨大動脈 TO TASC C
心血管インターベンションエキスパート3、2012

船田竜一
Ⅸ.造影剤に起因する合併症 造影剤腎症
心血管インターベンションエキスパート6、2012

Contents


ページTOPへ