同門会

同門会ホームページの立ち上げにあたり

中原
先日、旧第二内科のホームページ(HP)を大きく刷新するとの話があり、ついては同門会のHPを立ち上げてはどうかとの提案があり、即座に賛成、このたび開設の運びとなりました。
ITの進歩、その勢いはまことに凄まじいものがあり、端末も最近ではPCからスマホ端末へと移行しつつあり、インターネットは既に生活の一部となっています。スマホは高齢者にとり楽にはなったと言いますが、その便利さを享受するには結構難題が多々あるようです。さて、HPに関してですが、HPは企業や団体での利用はもう当然の如くであり、当院(北関東循環器病院)がHPを立ち上げた時(1998年)、上毛新聞からHPを立ち上げる意義を聞かれたことをふと思い出しました。そのインタビューで、これからHPはあたりまえの情報伝達手段の一つになり、HPがないのは逆におかしいのではないかと言われる時代になるでしょう、と締めくくりに申し上げました。
今の時代、遅ればせながら開設される同門会のHP(よく調べると、古いものが掲載されています)ですが、第二内科のメーリングリストに加え、会員の連絡、コミュニケーション、最新の情報伝達手段等として大いに役立つものと思います。他大学でも同門会とリンクしてあり、教室の紹介、研修医の募集、業績等々に加え同門会の内規なども掲載されております。同門会会員諸氏の交流の一つの場としても大いに活用できればと考えます。第二内科では立派な同門会誌が毎年発行されておりますが、できればバックナンバーの第一号からHPに掲載することも意義あることではないでしょうか。同門会HPに関しては、実際にはまだ同門会総会にはかっていない事項であり、きたる5月25日(土曜)の総会で正式に決定される予定ですが、有効なHPの活用法を是非皆で考えたいものです。
教室、同門会がこのHPを一手段として利用し益々発展、飛躍することを願って同門会会長としてのご挨拶と致します。

平成25年5月1日
同門会会長 市川 秀一


※ログインにはパスワードが必要です。

Contents


ページTOPへ