基礎研究部門の紹介

5-0

1.研究室の歴史

横山研究室メンバーとYogi君
▲横山研究室メンバーとYogi君 

時代の流れとともに当教室の研究様式も大きく変化しています。村田和彦教授時代(1973?1995年)、第1から第6研究室があり(存続しない研究室もありました)、第2内科に入局したスタッフはいずれかの研究室に所属しておりました。当時、大学院生になるスタッフは非常にまれで、週1回の研究日と祝祭日を利用して論文博士を目指しました。永井良三先生(1995?1999年)が教授に就任されると、その様式が大きく変わりました。ナンバー研究室は廃止され、3年目以降の数多くの若いスタッフが大学院生になりました。
教室には多くの共通実験機器(実験台、遠心機、ディープフリーザー、クリーンベンチ、培養機器など)が設置されました。培養細胞を用いた実験やいわゆる分子生物学的手法(Northern blot, Cloning, reporter gene assay, gel shift assay, etc)が日常的な実験手法になりました。大学院生はAHAでの学会発表を目指し、卒業論文もCirculation, Circulation Researchなど循環器系のトップジャーナルに掲載されるようになりました。倉林正彦(1999年?現在)が教授に就任した後も、同様の研究スタイルが継続されています。2004年(平成16年)に新臨床研修医制度が開始されて以来、専門医志向の高まりに伴い大学院の希望者が減少していますが、海外からの留学生や、保健学研究科修士課程の大学院生も加わり、少数精鋭で、独創性に優れた、質の高い研究を目指しています。
最近では、培養細胞を用いた実験より遺伝子改変動物を用いた実験の比重が増しています。マウス病的モデルの実験系(心臓圧負荷、心筋梗塞、大動脈瘤、血管障害など)も確立してまいりました。他教室や他大学とも積極的に共同研究をすすめています。また、患者検体を用いた遺伝子変異の同定も盛んにおこなわれています。これまでに蓄積された経験をさらに拡大させつつ、現在、下記のように多くのプロジェクトが推進されています。

2.研究内容について

MiraさんとRizky君
▲MiraさんとRizky君 

現在は磯、中島、小和瀬、小板橋、松井が中心になってそれぞれのプロジェクトを推進しています。磯は心血管系でのNotchシグナル、PPARα/γ、脂肪酸代謝・糖代謝についての解析を進めています。中島は、ヒト不整脈疾患の原因遺伝子を網羅的に解析しており、そのカバーする疾患は年々広がりを見せています。小和瀬は、血管石灰化および肺高血圧症の病態メカニズムについてアプローチしています。小板橋は遺伝子改変マウスモデルに大動脈縮窄(TAC)や心筋梗塞を作成し、心疾患の病態解析を行っています。松井は脂肪酸代謝に焦点を当てて、その観点から心疾患、動脈硬化疾患にアプローチしています。それぞれは独立していますが、必要な情報・手技・材料は共有し、お互いに協力して和気あいあいとして雰囲気の中で研究を進めています。
実験材料としてヒトの検体、遺伝子改変マウス、培養細胞などを用いて、分子生物学や形態学などの幅広い方法論を使って研究に取り組んでいます。各論の詳細は、それぞれの担当者が後述しますのでご参照ください。

3.大学院生、研究生、留学生について

小林さんと松井さん
▲小林さんと松井さん 

数年間の循環器内科の臨床研修を経てから大学院生になるか、あるいは海外の大学から当研究室を希望して大学院生になる方もいます。また、横山知行教授(群馬大学大学院保健学研究科 生体情報検査科学講座)のもとに参加する修士課程の大学院生とも一緒に研究に取り組んでいます。当研究室のテーマや実験系に関心があり、他の講座から当研究室に参加する大学院生・研修生もいます。新臨床研修システムが開始されてから、臨床研究で学位を取得する大学院生が増える傾向にありますが、基礎研究部門も少数精鋭で精力的に実験に取り組んでいます。

4.学会・研究活動について

毎年、日本循環器学会学術集会(日循)、Scientific Sessions of American Heart Association (AHA),日本呼吸器学会を中心に数多くの学会報告を行っています。修士課程の大学院生は日本語の卒業論文を、博士課程の大学院生は英文論文を有名雑誌に掲載することを最終目標にしています。

医療グループ>>

Contents


ページTOPへ